■ よくある質問

  1. アクセス数(INの数/OUTの数)を通常のカテゴリに表示させる方法
  2. カテゴリの表示が変(テーブルの大きさがバラバラ又は色が変など)
  3. カテゴリごとに異なる広告を表示させるには?
  4. メールの設定をしたはずなのにメールが届かない
  5. タイトル欄内に表示される[□削除チェック]とは何ですか?
  6. 原因がよくわからないが Internal Server Error が出てしまい画面が表示されない
  7. 更新したのに「更新サイト」に表示されない

■ アクセス数(INの数/OUTの数)を通常のカテゴリに表示させる方法

kt.htmlやsearch.htmlの
テンプレートファイルのログ表示エリアの、

sub PRlog{sub PRlog{
my($out_pt,$out_pt_rui,$in_pt,$in_pt_rui)=split(/_/,$Slog[13]);

に修正し、
ポイント数を表示させたい場所に
$out_pt (OUT数) / $out_pt_rui (OUT数累計)
$in_pt (IN数) / $in_pt_rui (IN数累計)
を書いてください。
▲TOP

■ カテゴリの表示が変(テーブルの大きさがバラバラ又は色が変など)

「管理室」→「環境設定」→「初期設定」での、
『HTMLファイルディレクトリのURL』の設定が間違っている可能性があります。
必ずhttp:// で始まるアドレスを入れてください。
▲TOP

■ カテゴリごとに異なる広告を表示させるには?

「管理室」→「環境設定」→「ヘッダ・フッタスペースの設定」で、
Perlの文法を使って記述することができます。

(例)ヘッダスペース(ページ上部)にカテゴリごとに異なる広告を表示させる。 具体的には、 新着にはA 更新にはB 01_01にはC それ以外にはD というバナーを表示させる場合。 ヘッダスペースの設定ボックスは、初期状態で ##ヘッダスペース print<<"EOM"; EOM となっています。これを、 ##ヘッダスペース if($LC_mode eq "new"){ #新着 print<<"EOM"; ここにAのタグを記述 EOM } elsif($LC_mode eq "renew"){ #更新 print<<"EOM"; ここにBのタグを記述 EOM } elsif($LC_kt eq "01_01"){ #01_01 print<<"EOM"; ここにCのタグを記述 EOM } else{ #その他のカテゴリ print<<"EOM"; ここにDのタグを記述 EOM } と記入してください。 数を増やしたい場合には、 elsif(※){ print<<"EOM"; ここに任意のタグを記入 EOM } を増やしてください。 elsif(※){ の部分の設定は、 新着は $LC_mode eq "new" 更新は $LC_mode eq "renew" 人気ランキングは、 $LC_mode eq "rank" アクセスランキングは $LC_mode eq "rev" つまり、そのページを開いたURLの abc.cgi?mode=*** の***の部分を $LC_*** eq "***" とすればOKです。 カテゴリ表示の場合には、 01_01は $LC_kt eq "01_01" 03_04_02 は $LC_kt eq "03_04_02" つまり、そのページを開いたURLの abc.cgi?mode=kt&kt=*** の***の部分を $LC_kt eq "***" とすればOKです。
▲TOP

■ メールの設定をしたはずなのにメールが届かない

まず、設置するサーバで「sendmail」又は「qmail」が使用可能かどうか
確認してください。
※使用できないサーバではメール機能は使用できません。

次に、sendmail又はqmailのパスを確認し、
「環境設定」→「環境設定」→「初期設定」→「メールの設定」の
『sendmailのパス』に正しいパスを設定します。

次に、
「環境設定」→「環境設定」→「初期設定」→「メールの設定」で、

管理人にメールを送信
する | しない →「する」になっているか?

登録者にメールを送信
する | しない →「する」になっているか?

新規登録完了メールを送信
する | しない →「する」になっているか?

登録内容変更完了メールを送信
する | しない →「する」になっているか?

仮登録完了メールを送信
する | しない →「する」になっているか?

を確認してみてください。
▲TOP

■ タイトル欄内に表示される[□削除チェック]とは何ですか?

【どんなタイミングで表示されるか?】
内容変更画面に「管理者権限」(管理者のパスワード)でログインするときに、 「パスワードを記録する」にチェックしてログインした後から、 [□削除チェック]欄が表示されるようになります。 ※クッキーの機能を使用しています。 また、この表示を消したい場合には、 「パスワードを記録しない」にチェックして 管理者パスワードを使ってログインしてください。
【機能説明】
[□削除チェック]にチェックして、画面下のパスワード入力欄に パスワードを入れると一括削除ができます。
▲TOP

■ 原因がよくわからないが Internal Server Error が出てしまい画面が表示されない

まず、すべてのファイルのパーミッションを確認してください。
[パーミッション設定の一覧]

それでも解決できない場合は、/pl/temp.cgi を開き、3行目の

#require "pl/KCatch.pm"; #←エラーの原因をチェックしたい場合には先頭の#を削除require "pl/KCatch.pm"; #←エラーの原因をチェックしたい場合には先頭の#を削除

に修正し、サーバにアップロードしてください。

Internal Server Error がでる処理をしてみると、
エラーの原因が表示されるメッセージがでますので、
それを見ても自分ではよく分からない場合には、
サポート掲示板にそのメッセージを一緒に書いて質問してください。

▲TOP

■ 更新したのに「更新サイト」に表示されない

新着期間のデータ(新着マークの付いているデータ)は、
新着期間(デフォルトでは14日間)が終わるまで、更新サイトには表示されませんので、
注意してください。
▲TOP